al piacere.

花の写真・手作り石けん、etc、etc...

猿の惑星/創世記(ネタバレ) 

映画 |

久しぶりの映画についての書き込みです。
ずっとツキイチは観てましたw
今月は、「猿の惑星/創世記」を。


感想をヒトコトで述べると。

「あそこで、ホースさえ抜けなければ・・・!」

今からご覧になる方は、クレジットが始まっても、ぜっっったいに席を立たないで下さいね~


ネタバレというか、その、クレジットが流れ出した後に差し込まれているエピソード・・・
あの飛行機パイロットは、隣の家のおっちゃん、でしょうか、顔がいまいちよくわからなかったのですが、そうなんでしょうな、
途中で死亡した人の「くしゃみ」を浴びてた。
そして、飛行機に乗り込み、海外へ菌をばらまき、人類滅亡にすすむ・・・⇒猿の惑星になってしまう・・・というストーリーの流れでしょうか

結構、面白かったです。



映画「ハリー・ポッター」シリーズで、ドラコを演じるトム・フェルトンが出ていますが、
やっぱりイジワル役でした(笑)

2009年・映画。 

映画 |

2009年に映画館で見た映画。

1月 レボリューショナリーロード
2月 ベンジャミン・バトン
3月 ワルキューレ
4月 レッドクリフ2
5月 天使と悪魔
6月 ターミネーター4
7月 ハリー・ポッターと謎のプリンス
8月 ナイトミュージアム2
9月 ウルヴァリン
10月 君が僕を見つけた日
11月 クリスマスキャロル
12月 カールじいさんの空飛ぶ家
   THIS IS IT


*5月に、飛行機の中で・・・
チェンジリング
マンマ・ミーア!
地球が静止する日・・
・・他、なんか色々見てたけど忘れたw


今年観た中で印象に残ったのは、
ベンジャミン・バトン と カールじいさん、This is it。
1本・・なら、カール・・・うーん、僅差で「THIS IS IT」を選びます。
ストーリーはない映画・・・ドキュメンタリー?なんですが、すごく良かったです。
【雑誌「ぴあ」調査による2009年の満足度年間総合ランキング】の外国映画のトップはこの「THIS IS IT」だったらしいです→■関連記事■

じっと「直立不動で歌う」前川清とは対極にいる歌い手なんだと思いました。
歌手、というより、エンターティナーなんですね。。。すごかった、これでリハーサルなんだよね。
*前川清はダイスキです。

あと、
レッドクリフ2 は、三国志(正史・演義)とは別物と考えていいなら、良かったです。
ありえねーーーwwwの連続である意味楽しめたw
天使と悪魔も、原作は知らないですが、飽きない1本でした。

個人的に、ラジー賞は、レボリュー・・。
見た目も内容も痛すぎる(>_<)

ウルヴァリン X-MEN ZERO/ネタバレ。 

映画 |

9月はコレを観ていました。
■公式サイト■


感想をヒトコトで述べると。

「次は、チャールズ X-MEN ZERO?」


いやー、あんなカタチでプロフェッサー・チャールズが出てくるとは思わなかった。
んで、プロフェッサー、「立ってた」んですよ。
この時期からX-MENシリーズ(車椅子に乗ってた)までの間にナニがあったのでしょう、
次作はその話で?(笑)

また、サイクロップスが高校生?していた姿で出てくる。コレも意外でした。
X-MENシリーズではあっけなく死んでしまう?ので、動いている姿が懐かしい(?)
これで、ウルヴァリンとサイクロップスは、以前に「会っていた」コトになりますが、
「X-MEN1」で会った二人は・・・ウルブァリンは記憶がないでしょうが、サイクロップスは「以前どこかで?」と発言してましたかしら?
先日「1」をテレビで見たけどチェックしてなかったw
*サイクロップス、見えてなかった?牢屋wで、眼鏡の内側に布を入れてた?

敵役(w)で、東洋系の男性が出てくるのですが(エージェントゼロ)、どこかで見たコトがある、ダレだっけ、ダレ、ダレ・・・と気になって。
帰宅後、お風呂に入っている時に、思い出しました、うん、
韓国ドラマ「春のワルツ」に出ていた、韓国語の不得意なマネージャーですね(笑)
(「私の名前はキム・サムソン」が韓国デビュー作らしいですが、私はコレを見てないです)
かなり顔が変わってたなぁ、メイク・役どころの所為かしら、「春の」に比べてやせたカンジでハンサムでした。

ブラッドリー役にテレビドラマシリーズ「LOST」で落ちぶれたミュージシャン・チャーリー役の方。
今回調べてて知ったのですが、この方、「ロードオブザリング」でメリー役だったのですね、
思い出せばそうだわ、あーー、そうだったのかーーwwwと画面に喋ってしまった、
メリー=チャーリー・・とは全く結びつかなかったです、メリーのあのカツラとホビットというスタイルの所為でしょうか(笑
(ロードの方がLOSTより前)


アクションと画面とストーリーのバランスが、良かったカンジです。
映画のX-MEN/1.2.3を知らなくても楽しめますが、知っていたほうがいいと思う。

あと。
「X-MEN3」でもそうでしたが、
エンドロールは最後までみましょう、オマケがあります

まあ、「X-MEN3」のオマケよりは、内容はないです、「X-MEN3」のオマケはアレを見ないと「X-MEN3」を見た意味がない位、重要。
(ちなみに、テレビ放送時、このシーンは切られてました、意味ないですよねw)
*時々、このシーンのことで検索をして、ここのブログに来られる方がおられます。
 拙宅では、内容を書いてません。
 他のブログでそのシーンのネタバレをされてる方がいるので、探してみてくださいね。

ナイトミュージアム2 

映画 |



8月はコレを観ました。

感想ヒトコトで述べると。

「危ないっっハムナプトラになるっっっ(笑)」


途中でハムナプトラになりかけましたが、大丈夫でした、もどってきました(* ̄m ̄) ププッ
前作より、子供向きに作られているような気がします、、、
笑いを取りたいのだろう・・というような小さなコトがちりばめられすぎで、逆に雑な印象が。
なんだか、日本人には笑えない?アメリカンジョーク?があり、白ける部分もチラホラw
*最初の通販のシーン、ナニが面白いのか、さっぱりw

猿と殴りあうシーンがあるのですが、アレは、大嫌いです、子供に見せたくない。
(前作以上にパワーアップして、しつこい位殴りあう。こんなところも子供向きの笑い取りかと思うし、日本人にはウケないと思う)

前作のキャラと、今回のキャラとが入り混じり大人数でストーリーが展開するので、
かなりドタバタな気も。

CGもうまく出来ており、綺麗な印象です、
どうして電話番号を知っていたのか、電話のかけ方を知っていたのか、など、
細かいコトは気にせず、深く考えず、気楽に見るものです、
子供も沢山見に来てました、楽しめてるみたいでしたよ(笑)



えーっと、今回のラストシーン、
もう「3」はナシってことですかな?



*1を見てなくてもOKはOKですが、見ていたほうがいいです。
*1の方が良い作品です。

----

書くのを忘れてました、7月は「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を見てました。

ターミネーター4。 

映画 |



6月は、コレを観ていました。
感想をヒトコトで述べると・・・


「心臓移植…?」

もらった心臓は、機械?


さて。
私の大好きなターミネーターシリーズ。
「これ、ターミネーター(シリーズ)か?」としばらく???な状態。
戦闘シーンが、けたたましい騒音w
ボーーーーーン~、ブォォーーーーンという音が怖くて、思い出したのは「宇宙戦争」w
アレの侵略者の音にそっくり。

戦闘・ロボット・音…
最近の「流行」満載というカンジです。
(逆に、それ以上でもそれ以下でも、ない、というとこ)


シュワルツェネッガーが、在りし日の姿で現れた時(カリフォルニア州知事、存命中ですw)、
「おお、ターミネーター(という映画だ)♪」と、やっと落ち着きました(映画のラスト近くだよ…)


ターミネーター3で、主人公・ジョン・コナーの将来が「こうなる」と明言されてましたが、
アレはどうなるのかしら、なかったコトに?
シリーズ5.6は、あるようですが、いかにw

シュワルツェネッガー・ターミネーターのファンとしてましては、「ターミネーター」というタイトルに、複雑な心境です。


以前(かなり前です)、公式サイトを訪れたら、占い?みたいなのがあって、やってみてました。
私の結果。
090706-2.jpg

天使と悪魔。 

映画 |

090606-1.jpg


5月はコレを観ていました。
感想をヒトコトで述べると。


「なるほど、24 -TWENTY FOUR-ねw」


以前ワイドショーを見ていたら、コレの試写を見たタレントさんのコメントで、
「24みたい」というのがあったのです。
24大好きワタクシ、
「はいっ!、大統領っ!」とか「クロエ、俺だ!」なんてあるのかなぁ??と思っていたら、←(笑)
なるほど…ってとこです。


原作は、読んでませんです。
かなりはしょってる、深みがないらしいですが、結構楽しめました。
(原作、読んでみたくなった)

爆発した後のあの空が綺麗だったなぁ~
あの空から舞い降りたら、そら、天からの使いのように思えますよねw
どんでん、どんでんw

てか、博士、「間に合わない、私たちも逃げよう」…って…(;´д` )


1作目の「ダビンチ・コード」を全く知らなくても楽しめます。
ダビ…のように、予備知識がないとついてけないだろうなぁ・・というコトもないです(笑)
*「ふしぎ発見」だけは見てから映画館に行きました、最初の反物質の話は、ふしぎ…が役に立ちました



書き忘れてましたが、3月は「ワルキューレ」を見てました。
私には、感想を書き忘れる程度…といえるかもしれないですw


えげれす旅行中、飛行機の中で。
新しい映画では、「インクハート」「マンマミーア」「チェンジリング」…を見ました。
あと、古いのでは「レミーのおいしいレストラン」をみました。

チェンジリング、警察のミスの隠蔽工作の裏に怖い事件が隠れてた…ですが、
怖すぎるw

レッドクリフ Part.2 

映画 |

090421-2.jpg


見に行く直前に、お友達から「1」のDVDを借りて観、復習してから行きました。


感想をヒトコトで言うと。


「周瑜、それをヒトクチでは絶対にムリ(笑)」

いやー、美周郎はそんな食べ方しない気が(* ̄m ̄) ププッ


演義ラブな人には「え?(^^;)」とか「げっΣ(・ω・`ノ)ノ」と思うシーン、流れが沢山ありますが、
これはこれで、1本の映画として、まとまってた気がします。


火、炎、燃え盛る・・・、すごかったです、
是非映画館で見ていただきたい。


以下、モロネタバレしますので、ご注意下さい。

-- 続きを読む --